ウーマン

保育士になるための求人情報|憧れの仕事に就くためのポイントを知る

教員を志望する人向け

勉強する女性

塾の仕事は講師と事務がありますが、どちらの仕事もやりがいがあり、教員志望の学生には勉強になります。自分の勉強になりながらも、短時間働いて、給料も良いので、大学生で塾でアルバイトをしている人は多いのです。

詳しく読む

運営を円滑に行なう為に

文房具

教育関連の仕事を探している人は、学習塾を検討してみてはいかがだろうか。ただし、塾によって個別指導や集団指導など学習方法が異なっているため、塾の特徴や授業形態、待遇面を理解した上で選択すると良い。

詳しく読む

好印象を与えるようにする

男性教師

塾の仕事は、地域の子供たちに勉強を教えることですが、印象を良くするために、普段の生活態度も気を付けなければなりません。大学や大学院の授業後に働くことができ、時給も良いので、多くの学生が活躍しています。

詳しく読む

即戦力となる人が有利

保育園

働きやすい待遇

社会ニーズの高まりから、保育士求人数は豊富に展開され、採用率も高まっています。これまで、預かる責任などの負担と給与との差が埋まらないことで保育士のなり手も少なかった実情があったものの、近年では子育て経験の年数や実績が給与水準に反映されるようになり、活かせる経験から人気を集めています。また、採用する事業所側や国も対策を講じるようになり、助成金などの支給により、保育士の経験やキャリアに応じた給与アップが図れています。さらに、保育士にとっても採用する側にとっても、幼児の事故対策などを重要視しており、研修や勉強会、マニュアルなど、採用する人材に対する教育システムの質を高め、トラブルを防ぐ内容で働きやすさを作り出し、有資格者からの評価を高めています。

教育や資格支援の体制

保育士という職業は割に合わない、というイメージが先行していますが、近年では給与面や環境面を見直す働きがあるため、職場環境は良くなっています。また、保育士を採用する側は、再就職や転職者を歓迎している傾向にあるため、その分待遇も良くなることが多いです。例えば求人情報を提供する保育施設に関して、有資格者を資格の取得に向けて努力をしたことを評価して給与をアップしたり、資格がなくても、取得のためのサポートをしたりと、教育支援の体制が整っているところも多くあります。また、現職で活躍中の場合、前職での実績を評価して役職や給与に反映させることもあり、転職や再就職者に対しても働きやすい環境があるといえます。